とがみんブログ
就活中、自己分析にハマり、心理学、脳科学の本を読み漁りつつ哲学チックなことをひたすら考えていました。このブログでは、そんなとがみんの考えや経験を綴っていきます。
この世の真理

「この世・あの世」の全てを創り出した者の目的とは一体。この世が仮装現実である事の証明とその目的の考察。

どうも、とがみんです。

「この世・あの世」の全てを創り出した者の目的とは一体なんなのか。

みなさんは、なぜ生まれて来たのか、なぜ人間が存在するのかを考えた事があるでしょうか。

死後の世界はどうなっているのかを考えた事はあるでしょうか。

そして、この世、あの世、すべてはどのような仕組みで出来上がっており、どんな目的で創られたのかを考えた事はあるでしょうか?

この記事では、「この世が仮想現実である事を示す証明式」という動画の紹介と、

その動画の内容を紹介するとともに、とがみんの考察を書いていこうと思います。

「この世が仮想現実である事を示す証明式」という動画について

以下の動画が「この世が仮想現実である事を示す証明式」という動画です。

まずはこの動画を見てみてください。

この世が仮想現実であることを示す証明式

この世が仮想現実であることを示す証明式(続き)

この動画が一体何を言っているのかを理解するには、量子力学や波動等物理を専門に勉強して来た人ではないと難しいかもしれない。

とがみんは、学部時代に、電磁気学や量子力学等物理学を専門に勉強してきたので、それなりに理解できるのですが、それでも完全に理解することは難しいし、まだまだわからないことはたくさんあります。

ただ、この仮想現実に関する動画を見たり、色々と調べることによって、本当に人間は仮想現実の中にいるのではないかと思えてしまいました。

今まで勉強してきた電磁気学や量子力学において、「なぜそうなっているのか?」と思えるような疑問が、この世が仮想現実であるという仮説に基づいて考えると説明できてしまうからです。

そして、色々調べていると、

「この世が仮想現実である」と裏付けるような根拠がたくさんありました。

また電気自動車で有名な「テスラ社」のCEOであり、「SpaceX」で宇宙開発をしている「イーロン・マスク」ですら、

「人類はコンピュータ。シュミレーションの中で生きている」

と考えています。

動画の中でも、

「私たちの世界がバーチャルリアリティではないという可能性は、100万分の1に過ぎない」と宣言しています。

>イーロン・マスク氏が「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と考えるわけとは?

次に、この世が仮想現実であるのではないかと思わせるような根拠や、もしこの世が仮想現実であると仮定した場合に、様々な事象がどのように説明できるのかをいくつか簡単に紹介していきます。

「この世が仮想現実である」と裏ずける根拠について

世の中の事象を数式で表すことができる。

この世の中のあらゆる事象を数式で表すことができます。

物体の落下速度・軌跡、波動の動き等、様々な事象が数式で表すことができるのですが、

「なぜ、数式で表すことができるのか」

と考えたことはないでしょうか。

天才物理学者として有名なアインシュタインは次のような疑問を持っていました。

「経験とは独立した思考の産物である数式が、物理的実在である対象とこれほど上手く合致するのはなぜなのか」

と。

世の中の全ての事象が数式で表されるということは、それらがプログラムによって創り出されているとも言えるのではないでしょうか。

プログラムによって創り出された世界であるならば、全ての事象が数式で表すことができるはずです。

この世で最も速いとされる「光の速度」が無限のスピードではなく秒速約30万キロと有限である。

この世で最も早いとされる「光の速度」が無限のスピードではなく、秒速約30万キロメートルと有限である。

では、「一体なぜ、光の速度は有限であるのか。」

また、「なぜ、光の速度に近づけば近づくほど、時間に歪みが生じ、時間の進みが遅くなってしまうのだろうか。」

アインシュタインの相対性理論から、時間の流れは一定ではなく、光の速度に近くなればなるほど時間の流れが遅くなることが証明されています。

秒速約30万キロメートルでは時間は完全にとまります。

コンピュータの動作速度は、クロック信号の周波数に決まり一定であり、負荷をかければかけるほど、動作が遅くなります。

同じように、この世界が「光」で動作するコンピュータであるならば、光の速度が有限で、光の速度に近づけば近づくほど時間が遅くなる理由も説明できるのではないのでしょうか。

光は波でもあり、粒子でもある

上で紹介した動画での2週スリットの実験でもあるように、光はなみとしての性質と粒子としての性質を持ちます。

自分が量子力学を勉強しているときに非常に頭を悩ませました。

全くイメージできないし、わからなかったので。

なぜ、光は波としてんとしての性質と粒子としての振る舞いをするのだろうか。

動画では、「これはコンピュータの負荷を軽減するためのシステムである。」と述べている。

観測していない部分は処理せず、観測した部分だけをコンピュータによって処理することによって、情報の処理量を減らす事ができ、負荷を軽減する事ができる。

もしこの世界を作った者の視点で考えるなら、処理量を軽減する仕組みは考えるはずだし、

もし、この世がコンピュータの中の仮想現実であるとするならば、なぜ光子がそのような振る舞いをするようになっているのかが説明できるのではないでしょうか。

世の中の誰も観測していないところ、見ていないところは何もない空間であるかもしれません。

全てが作り出された目的に対する考察

この世界が仮想現実であり、創った者が存在するのだとしたらその目的は一体なんなのか。

過去に以下のような質問について考えたことがあります。

「もし永遠に死ぬことができなかったら最終的に何をするのか」

と言った質問です。まずはこれについて紹介したいと思います。


 

もし永遠に死ぬことができなかったら

みなさんも考えてみてください。

「もし永遠に死ぬことがなかったら何をするのか。」

死ななかったら、人口増え続けてやばくね?とか、電車に引かれてからだぐちゃぐちゃになったらどうなんの?とか細かいことは無視です。

とりあえず、何が起こっても正常な状態に戻ってしまい、死ぬことができません。

そういう状況に陥ってしまった時に何をするでしょうか。

世界旅行でもするでしょうか。

宇宙旅行でもするでしょうか。

永遠に死ぬことがないので、何をしようがいづれ飽きます。

じゃあ、自分の体を痛めつけたり、死ぬ方法を考えるでしょうか。

それでも死ねません。

じゃあ一体何をするのか。

とがみんの場合はこうです。

とにかく全てを研究します。

どのような仕組みで世界が動いているのか、どのようにして創られているのか。

死ぬことがないので、いずれ全てを理解し、なんでもできるようになってしまいます。

みなさん、全てを理解し、なんでもできる状態になったら何をするでしょうか。

とがみんは、「死という概念のある世界」を創り出します。

死という概念のある世界を創り出し、その世界にある目的を持たせたゲームにします。

バーチャルな世界、仮想世界ですね。

そして、自分の記憶を消してその世界に入り込みます。

死という概念があり、ゲームに入りこむ前の記憶もないので、その世界での人生を存分に楽しむことができます。

死んだ後、そのバーチャルゲーム、仮想世界から抜け出します。

記憶を消すので、何度も何度も永遠に楽しむことができそうじゃないですか??

そのバーチャルゲームはまさにこの世界であり、仮想空間です。

そして一つの世界の神になります。全ての法則を自分で定義することができるので。

なので、この仮想現実、バーチャルゲームを作り出した目的は、究極的には暇つぶしなんじゃないかなーと思います。

ただ、なんの目的もないゲームってつまんないですよね??皆さんがよく遊ぶようなゲームにも絶対に目的があるはずです。

ボスを倒すとか、いろんな人とバトルをして最高スコアを目指すとか。

この仮想世界、バーチャルゲームにもきっと「目的」があるはずです。

次にその目的について考えて行きます。

この仮想世界・バーチャルゲームにおける目的とは

「人間」には感情があります。ああしたら「幸せ」を感じ、ああしたら「不幸せ」を感じるとかです。

人類は皆「幸せになりたい」といった目的を持っています。

そして、今の社会の中では、多くの不幸せの人が存在し、理不尽が存在し、たくさんの歪みがあります。

そして、多くの人間は社会をより良くしたいと言った目的でいろんな行動を起こします。

それらが向かう先は全人類が究極的に「幸せ」な状態であること。

究極的な理想社会を構築することなのではないかと思います。

この仮想世界、バーチャルゲームの目的は

「全人類が究極的な幸せを実現できる究極的な理想社会・文明を構築すること」

なのではないかと思います。

宇宙の中に宇宙があり、その中に人類がいる可能性

上記の考えでいくなら、宇宙の中に宇宙があり、その中にさらに人類がいる可能性が考えられます。

この人類が住む仮想世界を作り出した者の世界は「死」という概念がない世界です。

そして、「死」という概念のない世界・宇宙が存在し、さらに、その死という概念のない世界・宇宙を創り出した、また何者かが存在します。

死んだ後の世界はどうなっているのか。

また、その「死」という概念のない世界を創りだした者は、なぜそのような世界を創りだしたのか。

まあ、頭ん中にはすでにイメージはあります(笑)。

言語化がむずい(笑)

結局最終的にたどり着くのは、最も抽象度の高い宇宙を創り出した何者かが存在し、その何者はどっから来たのかっていう疑問ですね。

わかりません。

追記:この記事を書いた後に、さらにこの世界の真理に対する考察が進みました。いづれブログにも書いて行きます。ここに書いていることとは割と違う?かも。

まとめ

この世が仮想現実であるのではないかといった根拠について紹介しました。

根拠に関しては調べればもっと出てくるので、是非調べてみてください。

そして、その仮想世界を創った者は、なぜこのような仮想世界を創ったのか、

また、この仮想世界における目的は一体何なのかについて考察しました。

もし自分と異なる結果に至った人は是非議論しましょう。

以下はとがみんが開発した、ブログ管理アプリFeedminです。
まだiOSのみですが、以下のブログからもとがみんブログが読めるので是非ダウンロードお願いします!

Feedmin

Feedmin

Togami Yuki無料posted withアプリーチ