とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
Aboutとがみん

NexSeedエンジニアインターンニヶ月目を終えて

どうも。とがみんです。

5月14日〜8月の初週まで、セブ島にあるNexSeedという学校で「プログラミング × 英語」のエンジニア留学に来ていました。

>NexSeedでのセブ島エンジニア留学を振り返ってみる。

そして、9月17日に再びセブ島に戻って来て、NexSeedでティーチングアシスタントとしてインターンをしています。

そして、インターンを始めてから2ヶ月ほど経ったので、インターンを始めてからの生活について振り返って見ようかと思います。

どんな事をしているか

まずはインターンでどんな事をしているかについて紹介します。

ティーチングアシスタント

メインの業務は、ティーチングアシスタントです。

インターンが始まった時、アシスタントとして入ったバッチが、ちょうどiOSアプリ開発の基礎的な部分の講義が終わって、個人開発が始まるタイミングでした。

各生徒にそういうアプリを作りたいのかをヒアリングし、一緒に実装方法を考えたり、先回りして実装して、生徒の前で解説したりしていました。

解説した内容は主に以下の記事にまとめています。

>【Swift4】Tinder風UI(ユーザーインターフェース)の作成方法

>【Swift4】Firebaseのデータベース「Firestore」の解説

>【swift4】Firestoreを利用した簡易ToDoアプリの作成

>【Swift4】FirebaseAuthを用いたユーザー認証機能の実装

他にも、色々実装した機能がたくさんあるのですが、まだブログの記事にまで落とし込めていません(笑)

個人開発の期間だったので、授業時間を自由に使わせてもらえたので、

生徒が必要そうな機能の実装と解説を通して、自分のプログラミングスキルの向上と説明スキルの向上の場として活用していました。

教える事を目的に勉強するので、ただ実装することを目的に勉強するよりも、プログラミングに対する理解が深まった気がしています。

また、人前で話すことには全然慣れてなく、終始緊張していたのですが、少しずつ苦手意識は薄れていっているかと思います。まだまだ緊張はします。

1日2コマの英語の授業

NexSeedのインターンでは、空いている時間帯に英語の授業を受ける事ができるので、一日に2コマ英語の授業を受けています。

自分自身のことを英語で表現できる事を目的に勉強しているので、ときどき英語でブログの記事を書くことにしました。

自分の経験や、フィリピン人の英語の先生と話した事を英語でまとめて、添削してもらい、ブログに投稿しています。

>【English】About my gymnastics experience

>What is “The Secret” ? Why do humans fall in LOVE ?

>【English】About my First Love Experience

その他

その他にも、1週間に1〜2回ほど、「変数」や「データ型」といったトピックを絞って15分から30分ほどの模擬授業をしてフィードバックをもらったり、

インターン生の間では、月に1回の頻度で本の内容や学んだ事、これからどう行動していくかといったことをプレゼンをして、フィードバックをもらったりしています。

1日の流れ

次に、この2ヶ月間の1日の流れについて紹介します。

以下が1日のざっくりとした流れです。

05:00〜起床

05:30〜07:30 カフェで勉強

09:00〜11:00 午前中授業準備、ちょっとした仕事、生徒の質問考えたり。

11:00〜12:00 英語の授業

13:00〜16:00 ティーチングアシスタント

16:00〜17:00 英語の授業

17:00〜19:00 帰る準備や晩御飯

19:00〜23:00 カフェで勉強

ざっとこんな感じです。

朝5時過ぎに起きて、5時半にはカフェについて、プログラミングの勉強をしたり、英語の勉強をしたりしていました。

その後、オフィスに向かい、午前中は英語の授業を受けたり、生徒の質問やその説明の仕方を考えたり、ちょっとした雑用をしたりしていました。

そして、午後からはアシスタントとして入って、生徒の開発を一緒に進め、

その後英語の授業を受けて帰宅。

帰ってからはカフェで、生徒が実装したいアプリに必要な機能について考えたり、ブログを書いたり、自分のアプリを開発したりしていました。

2ヶ月間の感想

NexSeedでインターンを始めてから、約2ヶ月間の感想について。

自分がアシスタントとして入ったバッチの人のレベルが高く、質問の内容も実装したい機能も難しいものばかりだったので、毎日その解決や機能の実装に追われていました。

結構大変でしたが、その分自分のスキルも向上した実感があるので、充実した日々を送ることができました。

質問が来て、勉強して、勉強したことを説明して、そしてブログの記事にしてと、

ブログの記事に落とし込むまでをやりたいと思っているので、圧倒的に時間が足りず、全く追いついていません。。。

プログラミングに関しても、英語に関しても、その他ブログの記事にしたいと思っていることが山ほどあるので、朝早く起きて作業したり、夜遅くまで作業しているのですが、それでも時間が足りないのが悩みですね(笑)

朝活やインターン後のカフェでの勉強も、周りのインターン生が付き合ってくれるので、ほぼ毎日続けることができました。

自分にとっては、とても恵まれた環境だと思います。

スポンサードリンク

まとめ

やりたいことが多すぎて時間が足りず、めんどくさい事に対しては楽する方法しか考えないので、周りに迷惑をかけてしまう事もあるのですが、

自分のやりたいことベースで、色々とさせてもらっているので、居心地よくインターンさせてもらっています。

プレゼンする際、人に伝える際に相手にわかりやすく伝えるために、意識すべきこと、伝え方等たくさん学ぶことは多いのですが、自分のものに落とし込むまではまだまだ練習が足りないので、引き続き頑張っていきます。。。

これからは、新しいバッチのティーチングアシスタントになるので、色々楽しみです。プログラミングの基礎中の基礎を教えることがメインになってくると思うので、どうすればわかりやすく説明できるのかについて考えていきたいです。ブログにもどんどん記事にして、投稿していきます(笑)

また、教えることを通して、プログラミングに対する深い知識をつけたいと思っている人、教え方、プレゼンスキルを伸ばしたい人にとってはNexSeedのエンジニアインターンはおすすめなので、興味のある人はチェックしてみてはどうでしょうか。