とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
Aboutとがみん

2018年度残り半年の目標について考える。

どうも、とがみんです。

先日(8/5)にNexSeedのセブ島エンジニア留学を終え、日本に帰ってきました。

>NexSeedでのセブ島エンジニア留学を振り返ってみる。

日本に帰って来てからは、コンビニでフィリピンの通貨であるペソを出しそうになったり、日本語よりも先に英語が出てしまうなど、日本に馴染むのに、ほんの少しばかり苦労しています。

はい。

現在大学院を休学中なんですが、もう辞めるという決断はとっくの昔ににしているので、残りの半年もやりたいことやりたい放題なわけです。

約半年前に、この一年どのように使おうかをざっくり考えてはいたのですが、新しい環境に飛び込んだり、いろんな人との出会いや、様々な経験を通して、自分の視野が広がれば広がるほど、やりたいことも少し変化していきました。

>大学院の中退と今後の予定。
>なぜ「やりたい」と思うのか。なぜ「やりたい事」が変わるのか。

ということで、この記事では、来年(2019年)3月末までの残り半年の目標をもう一度考えてみることにします。

スポンサードリンク

2019年3月までの目標について

この前の記事で、自分が最終的にどういう状態を目指したいのかを考えました。

>最終的に何を目指すのか。

そこで最初は、日本での残りの時間、就職するまでの時間、農家でも回って、農作業の手伝いをしながら、農学について勉強したり、自分で家庭菜園的なものをしてみようかと思ったわけですが、

今は全然お金がなくて、なかなか自由に行動はできないわけです。お金どうしようかという悩みが常に頭によぎってしまう。

自分にお金が入ってくるような仕組みを作ってしまわない事には、これから先、ずっとその悩みがつきまとうわけなので、やっぱり最初は自分にお金が入ってくる仕組みを作らないといけないなと思いました。

なので、残りの半年間、将来自分がやりたいと思ったことに対して気兼ねなく行動できるような状態になるために、時間や場所に縛られないような収入源を確保できるようにするためのことをメインで活動して行こうかと思います。

具体的な残り半年間の目標は

  • 理想の社会に繋がる起業案を考える。
  • 将来、時間と場所の自由に繋がる何かで月10万円稼ぐ。

>最終的に何を目指すのか。

ということで頑張っていこうかと思います。

まとめ

今年度2019年3月までの残りの半年間の目標は

  • 理想の社会に繋がる起業案を考える。
  • 将来、時間と場所の自由に繋がる何かで月10万円稼ぐ。

これから、どうやっての部分を考えて行こうかと思います〜。

はい。