とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
人間心理と脳科学

集中力、記憶力の向上、無意識の世界を顕在化させる「瞑想」とは?

どうも、とがみんです。

就活中に出会った人で、インドで3ヶ月瞑想をしてきた言う人や、毎日瞑想をしていると言う人会った。

「瞑想極めたら、指先からなんか出るのが見えるよ」

だったり不思議な事をいうので、少し瞑想というものに対して気になっていた。

集中力が上がる、感覚が研ぎ澄まされる等、聞いただけでは、なかなか瞑想の凄さをイメージすることはできなかったが、瞑想をすることによってどんな感覚が得られるのかが気になって仕方がなかったので、

一度ちゃんと調べて、継続的にやってみようと思いました。

今回は瞑想について調べたことを書いていこうかと思います。

瞑想とは

「瞑想」とは日頃認識されない無意識の世界を顕在化させる技術のこと。

目を閉じて何も考えず、雑念を消す。思考を無の状態にする。

そうすることで、瞑想は脳に秘められた様々な力を引き出すことができるとのこと。

脳科学の分野において、脳波測定や磁気共鳴機能画像法(fMRI)などの解析方法の急速な進展とともに、瞑想が脳にもたらす効果を科学的に分析できるようになってきたそうで、

ハーバード・メディカルスクールの研究者をはじめとする合同研究チームが、8習慣の瞑想で脳の構造が目に見えて変化したことが報告している。

瞑想をすることによって、自己意識、同情心、考察などの活動に関係しているとされる脳の海馬という部位の灰白質の密度が高くなっていることがわかったそうです。

参考:脳の老化を構造的に止めるために : ハーバード大学が突き止めた「瞑想は脳の神経細胞を再構築」すること。そして瞑想が「脳の若さに甚大な差」をもたらすことも判明

また、下のような研究データもあった。

以下の図が、瞑想時の脳のガンマ波の活動状態(上)と瞑想の修行時間に対する、脳のガンマ波の活動状態の比率(下)を表す。

参考:瞑想の効果を脳科学からみてみる

瞑想をしている時、また、瞑想をしている時間が長ければ長いほど、脳から発生するガンマ波の割合が大きいことがわかる。

ガンマ波は、26 Hz から70 Hzほどの周波数の電磁波のこととされており、他の脳波であるアルファ波やシータ波よりも高い周波数でエネルギーが高い電磁波である。

参考:ガンマ波

そして、その後の研究では、瞑想をすることによって様々な脳の変化が見られたそうです。

思考や創造性を担う前頭前野の皮質が厚くなる構造変化や、恐怖や不安、喜び等の感情の働きに関わる扁桃体と、前頭前野の結びつきが強くなる結合等が確認されている。

夢を見ている時に強く発生するシータ波や、ベータ波も瞑想時に強く観測されるといった研究データもあった。

こういった電磁波は、脳細胞が活動すると出る電気信号を捉えたものであるので、瞑想時は瞑想をしていない時と比較して、脳細胞が活発に動いてると考えられる。

このように、瞑想をすることによって、脳に何らかの影響があることはわかる。

調べていると、瞑想にはたくさんの良い効果があるとされている、

 

集中力の向上。ストレスの軽減。物忘れが減る。
認知機能の向上。記憶力の向上。睡眠の質の向上。創造性の向上。

 

下記の動画で、瞑想の達人である成瀬雅春という方は、

 

瞑想が深くなると頭がクリアになる、はっきりしてくると述べている。

 

瞑想が深くなるとはどういうことなのか。気になるところ(笑)。

そして、多くの有名人も日常に瞑想を取り入れている。

参考:ガッテン!「ボケない!脳が若返る“めい想パワー”SP」2016年9月28日

瞑想をしている有名人・企業

では具体的にどのような効果があるとされているのか。瞑想を実践しているとされる人について調べて見た。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ。大学を中退し、悟りを求めて何ヶ月もインドを放浪。禅にも興味を持っており、日常的に瞑想をしていた。

以下はジョブズが残した言葉の一つ。

じっと座って観察すると、自分の心に落ち着きがないことがよくわかる。

静めようとするともっと落ちつかなくなるんだけど、じっくりと時間をかけて落ちつかせ、とらえにくいものの声が聞けるようになる。

このとき、直観が花ひらく。
物事がクリアに見え、現状が把握できるんだ。

ゆったりとした心で、いまこの瞬間が隅々まで知覚できるようになる。
いままで見えなかったものがたくさん見えるようになる。

Googl

Googleでは2007年に「サーチ・インサイド・ユアセルフ」という「マインドフルネス」のプログラムを立ち上げ、これをきっかけにして、Googleでは瞑想に興味を持つ社員が増え、今では5000人以上もの社員が瞑想を実践する規模にまで成長している。

その他

そのほかにもマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、スポーツ界で有名なイチロー、Facebook、Intel等の企業、その他多くの有名人や企業が瞑想に取り組んでいる。

参考:5,000人のグーグル社員が行う瞑想「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」
参考:企業経営層やトップアスリートも注目!毎日をハッピーに変える“瞑想”の魅力
参考:あの超有名人や有名企業も実践!瞑想の驚くべき効果とやり方

スポンサードリンク

瞑想の仕方

どのように瞑想をしていくか。

姿勢は、背筋を伸ばし、顎を引く。

瞑想を開始ししてからは、

ゆっくりと深く呼吸をする。鼻から息を吸い、5秒間息を止めてから、息を吐き出す。

しばらくは呼吸を意識する。

リラックスしてきたら、自分の夢や目標を達成している姿、理想の将来をイメージする。

こんな感じでやっていこうと思う。

時間帯は朝起きてからと寝る前。

そして、瞑想用の音楽を聞く。

YouTubeで「瞑想 音楽」と検索して出て来るような音楽を聞こうと思う。

あと一応何時から何時までやったのかもメモる。

はい。

まとめ

これからも(5月からほぼ毎日してます)瞑想を継続的に行っていこうと思う。

そして、毎日瞑想をして、感じたことも定期的にこのブログに書いていこうかと思います。

調べたところ、瞑想が脳に対して何らかの良い影響を与えることは間違いないと思うので、皆さんも少し時間をとってやってみてはどうでしょうか。