とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
この世の真理

「気が合う」とは?「気が合う人」を見分けるために考慮すべき事5選!!

普段の生活の中で、あの人とは気が合うなぁとか、あの人とは気が合わないなぁとか思う事は多いのではないでしょうか。

なんとなく使っている「気が合う」という言葉。「気が合う」とは一体どういう状態なのか、そして、気が合う人の特徴とは一体なんなのか。

徹底的に解説する。

「気が合う」とはどんな状態か。

普段の生活の中で感じる「気が合う」という状態。「気が合う」という状態がどういう状態であるのかを科学的に解明しようと試みている研究者がいる。

プリンストン大学の神経学者のウリ・ハッソン博士である。

ハッソンはコミュニケーション中の脳の活動をfMRIにより撮影した。fMRIとは、脳内の活動を視覚化する手法のひとつである。

その研究から、ある2人の会話が成立している時に、話し手と聞き手の脳の活動パターンが似ていることがわかった。

 

 

会話が噛み合い、会話が弾んでいる時は「脳の活動パターン・脳内の波形」はシンクロしており、その脳の同期は脳の全体で生じている。

会話が噛み合わなくなったときは、そのパターン、同期が消える。

つまり、

 

会話が弾んでいる時は話してと聞き手の脳の活動パターンが同じになり、会話が弾んでいない時は脳内の活動パターンが異なるのである。

 

そして、会話中の脳のパターンを詳しく調べていくと、興味深いことがわかってきたとのこと。

普通、相手の話を聞いて、聞いた側はそれを理解して、「気が合う」と感じ、脳の反応も聞いた側が話しての脳よりも遅く活動する。

しかし、脳のある部位のみは、聞き手の方が早く活動をすることがわかったとのこと。

その部位は、脳の左半球の後部上側頭回で、これは「予測」に関わる脳部位として知られている。

そして、この脳領域の活動が強ければ強いほど、会話が噛み合っているという。

会話が弾んでいる状態とは、相手が次に何を話そうとしているかを先読みし、予想を的中させながら会話をしている状態であり、「気が合う」状態なのではないだろうか。

すなわち、

 

「気が合う」とは、相手の意図を「言葉が発せられる前に理解しあえる関係」

 

だと言え、「気が合う人」とは、

 

相手の意図を「言葉が発せられる前に理解し合える人」のことである。

 

「気が合う人」を見分けるために考慮すべき特徴5選

 

「気が合う人」の特徴とは、相手の意図を「言葉が発せられる前に理解する事」のできるような人である。

つまり相手の考えを予測できる、しやすい人。

そして、考えを予測しやすい人とは、自分と考えが似ている人、様々な判断基準が同じ人、価値観が同じ人である。

そして、その考え方、価値観は過去のこれまでの経験によって培われていくので、どういう考えでどういう事をやってきたかが合うような人とは気が合う確率は高い。

そこで、「気が合う人」の特徴を具体的に考えてみる事にする。

境遇が似ている

考え方、価値観は過去の経験や、身の回りにいる友人関係に大きな影響を受ける。そういった境遇が似ていれば似ているほど、「気が合う」確率、「気が合う」度合いは高いはずである。

気が合うかどうかを確かめるために、身の回りにどんな人がいるのか、どういう人と関わりが深いのか、どういう考えでどういう経験してきたのかを質問してみると良いのではないでしょうか。

気の合う人を探すにあたってTwitter等、様々なSNSを利用するかと思いますが、その内容に対して良いなと思うのであれば、その人と会話をする際、お互いの脳はシンクロするに違いありません(笑)。

趣味が同じ

趣味が同じ人ととは「気が合う」確率が高いというのは、みなさんも実生活の中で感じている事かもしれません。

趣味が同じという事は、どういうものに対して、楽しい、嬉しいと感じるかといった点が、似ている可能性が高いからではないでしょうか。

なので、「気が合う」かどうかを確かめるために、どんな趣味があるのか、その趣味のどういうところが楽しいのかを聞いてみると良いかもしれませんね。

休日の過ごし方が似ている

休日はやらないといけない事に縛られず、自由に好きな事をできる時間でもある。なので、休日の過ごし方には価値観が現れやすい。家に篭ってTVみたりごろごろしたりするのか、外に行ってアクティブなことをするのか等、「気が合う」かどうかを確かめるために、休日の過ごし方を聞いてみると良いかもしれません。

お金の使い方が似ている

お金の使い方について。お金を何にどれだけ使うのかは、その人の価値観をそのまんま表していますよね??食費にたくさんお金をつかう。ブランド物を買うたにたくさんお金を使う。本や勉強のためならお金を使う。やりたい事に対してはいくらでもお金を使う等。

何にどれだけお金を使うのかが似ている人とは、会話で気が合う確率は高いのではないでしょうか。

仕事の考え方が似ている

仕事に対する考えが似ているか。近年働き方が多様化している。朝から晩まで決まった時間に働かないといけないわけではない。朝はゆっくり夕方から、働く人。フリーランスで活動している人のように働きたい時に働く人。仕事は我慢してなんぼだと考えている人。仕事に対する考え方からも、その人の価値観が見えやすい。

仕事に対してどう考えているかが似ている人は、気が合う確率が高いかもしれません。

とがみんと気が合う人の特徴とは

次にとがみんと気が合いそうな人について考えます!これを読んで、とがみんと「気が合いそうだなぁ〜」と感じた人はTwitter(@togaminnnn)のフォローや、LINE@から連絡待ってます!!仲良くなりましょ!!

はい、では。

境遇が似ている

やりたい事にたいして貪欲な人が仲良い傾向がある。Youtuber、マジックに嵌っている人、ブロガー、音楽作ってる人 etc…

あとは、基本一人でいる事が好き。ただ一人でいると寂しいってかんじの変な人です。

割と個々人が好き勝手なにかしらやっている空間にいるのは結構心地よかったりする。上記の友達と一緒にいる時で、個々が好きな事やって、好きな事喋って全く話がかみ合っていないという混沌とした状態でも、それはそれで面白いって思えたりする。興味を引く言葉を誰かが発したら突っ込むみたいな感じ(笑)

趣味が同じ

趣味はブログや読書、考える事。本読んだり、いろいろと考えたりしてブログに書く事が楽しい!読んでくれる人が増えていくのも確認できて嬉しいので!読む本、読みたい本は主に、心理学や脳科学、教育についてやその他技術的な本が多めです。推理小説も好きです!

具体的に現在読みたいと思っている本は、以下の欲しいものリストに入れてます!




>とがみんの欲しいものリスト

>Amazon欲しいものリストを公開したら良いことしかなかった

※今後のブログで価値のある記事を投稿するためにもたくさん本を読みたいと思ってます。お金がないため、たくさん本を買う余裕がありません。もし、「とがみんブログ」おもしろいと思っていただける方がいれば、上記の「とがみんの欲しいものリスト」からプレゼントいただけると飛んで喜びますm(_ _)m

休日の過ごし方が似ている

休日は読書やブログ書く事がメインかな。ただ、面白そうな経験ができそうなイベント見つけたり、面白そうな人と話せそうな何かがあれば飛んでいきます(笑)あと、行った事ないところには旅行行きたい。ただ旅行は一人ではいかない。寂しいので。

面白そうな映画があればそれも見たいかなぁ。まあ、映画は話しながら見たいので、一人では見ないし映画館にもあんまりいかない。話しながら観れる環境で観たい。

スポンサードリンク

お金の使い方が似ている

お金に関しては、主に本に使う事が多い。あんまり贅沢したいと思うタイプじゃないので、食事や衣類にはほぼ使わない。必要最小限。

やりたいと思った事に対しては、迷う余地なく使う。あと、細かい面倒くさいことが嫌いなので、その辺り効率化できるなら、使うかもしれない。

仕事の考え方が似ている

理想はやりたい事やってたらそれが気づいたら仕事になってる状態。できるだけ自分の裁量で働きたいし、働きたいときは働いて、働きたくない時は働きたくない。

そういう状態をつくるために今を頑張るみたいな感じで働きたいし、そのためならどれだけ働いてもいいかなって感じ。

まとめ

「気が合う」とは、相手の意図を「言葉が発せられる前に理解しあえる関係」であり、気が合う人かどうかを確かめるためにはどういう事を知ればよいのかを書いてきました。

 

あと「気が合う」人との会話はお互いの脳の活動パターン、波形がシンクロするという実験結果に対して、思い出した事がある。

 

「気が合う」ことを「波長が合う」ともいう事。

 

「波長が合う」といった表現はただの比喩ではないのかもしれない。

「気が合う」人同士の脳波の波長が合うので。

はい。

あと、とがみんと気が合いそうだなって思った人はTwitter(@togaminnnn)のフォローやLINE@からの連絡お待ちしております!!

参考: