とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
恋愛と結婚

なぜ人間は「キス」をするのだろうか。「キスをしたい」といった感情が湧く目的とは。

なぜ人間は「キス」をしたいと思うようにつくられているのだろうか。

人間は子孫を残す目的があり、そのために恋愛感情が湧くようになっている。

では、人間が「恋愛感情が湧いた相手とキスをしたい」といった感情が湧くように創られているのはどうしてなのだろうか。

その感情が湧く目的はいったいなんなのだろうか。

きっとその感情が湧く「子孫を残す」という目的を達成するために沿った目的があるはずである。

人間の感情の変化には、なにかしら、感情が変化した目的があるはずであるので。

>アドラー心理学から学んだ、感情が湧く湧く目的を考え続けることの重要性について。

その目的とはいったいなんなのか。

調べて考えてみた。

「キス」とは何か。

今回考える「キス」とは、

唇を触れ合うだけでなく、互いに舌を相手の口腔内に挿入、舌を絡め合う、濃厚なもの。

>参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E5%90%BB

スポンサードリンク

なぜ人間は「キス」をしたくなるように創られているのか。「キス」をする目的とは。

なぜ人間は「キス」をしたくなるように創られているのか。

その目的とは。

 

「自分の子孫を残すのに適切な相手かどうかを見極める」
「性欲をかきたてる」

 

ためにする。

どうやって「キス」をすることによって、相手が適切かどうかを判断するのか。

キスをする事によって、お互いの口の中の染色体、バクテリアが交換される。

その相性によって、「病気になるか、免疫力がつくか」がわかるのだそう。

また、キスをすることによって男性は「コルチゾール」というストレスホルモンの値が下がり、

オキシトシンという愛情ホルモンの値が上がる。

オキシトシンが分泌されると、信頼感や親近感が湧き、性欲を高める働きがある。

しかし女性に関しては、オキシトシンが必ずしも分泌されるとは限らないのだそう。

女性に関してはキスというよりも、その時のムードが重要で、

自分を大切にしてくれる人なのか、子供を産んだ後も子育てをしっかりしてくれるのかどうかなど、

将来にわたる社会性を判断し、信頼感や親近感が湧く。そして性欲が高まる。

>参考:http://www.iza.ne.jp/topics/entertainments/entertainments-6560-m.html

はい。

「キス」をすることは長期的な関係を築くに足る異性であるかどうかをチェックすることにおいて、重要な役割を持っており、

より強い子孫を残せるかどうかを判断するために重要な行為である。

まとめ

「恋愛感情が湧いた相手に対してキスをしたい」といった感情が湧くのは、キスをする事によって、相手がより優秀な子孫を残せる相手であるかを判断するためである。

彼氏彼女がいる人は普段何気なく「キス」をしているのだろうが、

実は、その時にお互いの口内のバクテリアを交換しており、

その人との間に生まれるであろう子供が、健康であるか、優秀であるかを無意識的に判断している。

この記事を読んで後悔した人はごめんね(笑)

恋ゴコロのすべてがわかる 早稲田の恋愛学入門

スポンサードリンク