なぜ人は人を好きになるのだろうか。なぜ人は「恋」に落ちるのだろうか。

なぜ好きになるのだろうか。

自分は過去人を好きになった事はあるものの、

ここずっっっと、人を好きになっていない。

どうやったら人を好きになれるのだろうと考えたり、

そもそも、なんで人って人を好きになるのだろうかと不思議に思ったので、

調べて考えてみた。

「好き」とは何なのか。「恋に落ちる」とはどういう状態なのか。

「好き」ってどういう感情なのか。

「恋に落ちた状態」っていうのはどういう状態なのか。

どう言葉で表したらいいのか。。。

考えただけで、ドキドキしたり、

胸がキューンとしたり、

「あの人のことで頭がいっぱい」

っていう状態。

 

この状態になっているとき、脳内ではどうなっているのか。

「恋をしている状態」の時、

脳の「報酬系」という「腹側被蓋野」という部分が活動している。

参考:http://www.physiology.org/doi/pdf/10.1152/jn.00838.2004

この報酬系というのは、強い快感を生み出す麻薬の一種である「ヘロイン」を服用している時や、

アルコールでも活性化される。

つまり、「恋愛している状態」というのは、脳が快感を感じている状態であり、「心」を盲目にする。

「私はこの人が好きなんだ」「この人こそが選ばれし人だ」といった妄想が生まれている状態である。

スポンサードリンク

なぜ人は人を好きになるのか。なぜ人は「恋」に落ちるのか。

なぜ人は人を好きになるのか。なぜ人は「恋」に落ちるのか。

なぜそういった恋愛感情が湧くのか。

アドラー心理学「目的論」によると、「感情」はある目的を達成するために持ち出されるとある。

アドラー心理学から学んだ、感情が湧く目的を考えることの重要性について

なので、恋愛感情が湧く目的を考えることにする。

恋愛感情が湧いた後、

人の行動はどのように進むか。

話したくなったり、手をつなぎたくなったり、

キスをしたくなる。

そして性行為をしたくなる。

これは、子供をつくる行為である。

まり、恋愛感情というのは、子供を作る(子孫を残す)といった目的達成させるために持ち出される感情なのではないか。

子供を作らせるために、進化の過程で生まれた一時的な情動。

 

ぜ人は人を好きになるのか、恋に落ちるのかというと、

人類の子孫を残すといった目的を本能的に感じているからであり、

その目的を達成するために、「好き」といった「恋愛感情」を持ち出す。

まとめ

「好き」とは何なのか。

「恋に落ちる」とは、脳が快感を感じている状態であり、

「心」を盲目にする。

「私はこの人が好きなんだ」「この人こそが選ばれし人だ」といった妄想が生まれている状態である。

 

そして、なぜ、そういった状態が作り出されるのかというと、

人間は子孫を残すといった目的を本能的に感じているから。

 

そして、恋愛感情が湧く相手というのは、子孫を残す上で、自分にとって最適と思った相手に対して湧く。

では、どういう人に対して恋愛感情が湧くのだろうか。。。

参考文献: