とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
就活ノウハウ

大学って行く意味なくね??授業だるすぎ。何のために大学進学したのだろう。

「学校って形骸化してるよね」

「学校に行ってる意味ないよね」

「こんな事勉強してなんの役にたつねん」

「単位とるためだけに勉強しなあかんとかま〜じ卍」

 

そんな事を考える人って結構多い。

そして、そんな不満を今の社会、学校側に問題があると決めつける人も、また多い。

 

なんのために大学に進学したの??

アルバイトするために大学に進学したの??

旅行行ったり、たくさん遊ぶために進学したの??

あれ、学問を深めるために進学したんじゃないの??

 

もしも、大学進学の目的が、アルバイトをすること、旅行や遊ぶためであるなら、高い学費を払ってまで大学に進学する必要はなかった。

大半の人は、そもそも、大学進学後の目的なんか考えずに、周りに流されて大学に行く。

 

大学に行く事が当たり前になっている。

 

そして、就職に有利だろうといった浅はかな理由で、できるだけ知名度の高い有名な大学に受かることが目的になってしまっている。

多くの予備校では、生徒をできるだけ有名な難関校に合格させることを目的に指導をする。

「君の学力なら、この学部の方が受かりやすいよ」

そんな言葉を聞いて、入学後やりたいことではなく、入りやすいかどうかで学部を選んだ人もいるかもしれない。

大学に入った後にどうしたいかを考えずに、大学に入学することが目的になっていたから、

 

「学校って形がい化してるよね」

「学校に行ってる意味ないよね」

「こんな事勉強してなんの役にたつねん」

「単位とるためだけに勉強しなあかんとかだるーまじ卍」

 

こんな言葉がでるのである。

大学入学後、目的を見失い、モチベーションが下がるのである。

 

そうなってしまったのは、

学校のせいではなく、

目的をしっかりと考えない自分のせいである。

就職も大学院進学も同じである。

進路を決めるにあたって、知名度やステータスを得ることが目的になっている人。

そのために大学院や会社に就職しようかと考えている人。

 

入ってからどうなってしまうのかは想像がつきますよね??

同じ過ちを繰り返したくないですよね??

 

そうならないためにも、考えないといけないことは、何でしょうか。

 

考えないといけない事は、

将来自分はどうなりたくて、

どの進路を選択すればその実現に最も近づけるのか。

そして、進路決定後の自分の姿をできる限り具体的にイメージすること

なのではないでしょうか。

>将来の夢や目標、理想像がわからない人の将来の夢や目標、理想像の考え方。

>やりたい事を書き出す事がいかに大切か。やりたい事リスト作ってみた。

>就活解禁だ!!よし今から就活しよう。そう思った人は危機感持った方が良い??

>就活終了。人生に悩み始めてから納得感が得られる進路決定までを振り返ってみる。