念力使えるようになりたい!!一見無謀な夢を語る子供がいたらどう対応する??

子供が戦隊モノやアニメのような夢物語に感化されて、

「念力使えるようになりたい!!。頭で思うだけでいろんなことしたい!!」

ってうを本気で言って語っている子供がいた。

そんなを語っている子供を見て、あなたはどう反応しますか??

そんなの無理だって思う??

なんかおかしな事言ってるわって思ってスルーしたりする??

子供って面白くて、多くの人がありえないって思うようなを本気で語ったりする。

けど、その夢を聞いた周りの人は、「できっこない」って決めつけて、適当にあしらったりする。

「できっこない。。。」

本当に??

頭に浮かんだ、その「できっこない。そんなの無理だろ。」って思った根拠は一体なんなのか。

「どうやったらできるのか」を考えるまえに決めつけていないだろうか??

ということで、今回はどうやったら「念力」を使えるようになるのか考えてみた。

念力とは

そもそも「念力」とは一体なんなのか。

人の意志あるいは意図によって,物理的な媒介を経ずに物質に対して及ぼすと考えられる作用ないし力をさす。
>参考:https://kotobank.jp/word/%E5%BF%B5%E5%8A%9B-111730

「まあ、頭の中で思い浮かべり事によって、周囲に対して影響を与える事」

あんなこと、こんなこと。思い浮かべたら、ああなったりこうなったり(笑)。

目の前のモノが、頭に思い描いた通りに動かせたりする力も念力ですね。

どうすれば念力を使えるようになるのか。

脳には癖というものがある。

ずっと同じ事を考えていると、神経細胞の活動がパターン化し脳内の神経回路がより強固になる。

そして、その時の脳内の神経細胞の情報を抽出し、その活動パターンが見られた時、

思い描いた動作を目の前の機械にさせるようにプログラムを組んでいれば、

念じるだけで、物理的な媒介を経ずに、目の前の機械を動作させることができる。

一体こんな事ができるのか、脳内の神経回路のパターンの情報を取り出すことができるのか。

調べているうちに、なんと!!

念じるだけで、ロボットを動かす実験についての動画があった。

スポンサードリンク

念じるだけで、ロボットを操作した実験

神経科学者ミゲル・ミコレリスが、猿が念じるだけでコンピュータ上のアバターを操作したり、

ロボットを操作できたりという実験について語っている動画がこちら。

脳にセンサーを取り付け、神経細胞の活動を記録し、

思考の断片を可視化することに成功している。

そして、猿の脳にセンサーを取り付け、脳内の情報を取り出す。

その情報をデジタル信号に変換して、装置にその信号を送る。

その装置が脳が意図する働きをリアルタイムで再現する。

つまり、念じるだけで、目の前にある装置に、意図した動きをさせることができる。

これって「念力」ですよね??

そして、この技術はすでに人間に応用されている。

>「腕を動かそう」と考えるだけで義肢を動かせる、脳に埋め込む装置『ブレインゲート』

手足を失った患者が、念じるだけで、義肢を動かすことができる。

 

まとめ

子供が「念力使えるようになりたい!!。頭で思うだけでいろんなことしたい!!」といったにたいして、

「できっこない。そんなの無理だろ。」って思った人、

一旦、「どうやったらできるのだろうか」と考えてみてほしい。

一見絶対無理だと思ったとしても、これからの技術の発達で可能になるかもしれない。

そして、そんな一見ありえないと思えるような夢を持った子供に対して、

「どうやったらできるのだろうか。」

と一緒に考えるべきだと思う。

そうすることによって、

「念力使えるようになりたい!!。頭で思うだけでいろんなことしたい!!」って本気で言っている子供は、

将来立派な脳科学者になって、念力を使っているかもしれない。。。

 

何が言いたいかというと、

「できっこないとか、そんなの無理だろ」っていう根拠のない言葉で人の可能性を奪うのはよくない。

どんなに「ありえないだろ」と思ってしまう事でも、調べたり、考えたり、研究しているうちにできるようになる可能性だってある。

なので、「できっこないとか、そんなの無理だろ」じゃなくて、「どうやったらできるのだろうか」をしっかり考えてみてほしい。

 

もし、身の回りに「できっこないとか、そんなの無理だろ」って言ってくる人がいれば、

その人は「無知」「なにも知らない」からそう言っているだけなので、気にしなくていいよ。

はい。

以下の記事もどうぞ。

>「お前には無理」そんな言葉で夢の実現を諦めていまっていいのか。

はい。

参考文献

スポンサードリンク