とにかく「成長」できる会社に入りたい!!。。。「成長」って何??

就職活動をする中で、「成長」という言葉をたくさん聞いた。

企業サイドからは、

「ベンチャー企業は圧倒的成長できるよ!!」
「うちの会社入れば「成長」できます!!」

だったり、学生サイドからは、

「とにかく「成長」したい!!」
「「成長」できる環境が良い!!」

と聞く。

呪文のように「成長!!成長!!」という言葉をたくさん聞いてきた。

けど、「成長」って何??

一体「成長」とは何なのかを考えてみた。

そもそも「成長」とは何なのか。

そもそも「成長」ってなんだろうか。

多くの会社や就活生が口にする、「成長」とは一体何を意味するのか。

多くの就活生の「成長したい!!」といった感情が湧く背景には、

できる事を増やし、市場価値を高めたいといった思いがある。

この不安定な社会の中で「安定」を得るために、会社に依存しないスキルが身についた状態になりたいといった目標がある。

そういった目標を達成するためには、現状とのギャップを埋める必要がある。

そのギャップを埋めていく事が多くの就活生が言う「成長」である。

はい。

つまり、

「成長したい!!」という感情は、その人にとって魅力的な目標を達成するために持ち出す感情であり、「成長」とはその目標を達成するために現状とのギャップを埋める事である。

アドラー心理学から学んだ、感情が湧く目的を考える事の重要性について

スポンサードリンク

成長できる環境とは。

「成長」とはその人にとって達成したいと考える魅力的な目標を達成するために現状とのギャップを埋める事である。

なので、「成長できる環境」とは、その人にとって魅力的な目標を達成するにあたり、現状とのギャップを埋める事のできる環境である。

よく同じ環境にいても、成長できる人と成長できない人がいるが、
その違いは、目標を持っているか持っていないかではないか。

目標がなければ、そもそも現状と目指すべき目標とのギャップがわからないので、成長できない。

なので、成長が目的になっているうちは、成長はできない。

成長できる環境とは、自分にとって魅力的な目標を持ち続け、その目標と現状のギャップを把握し、それを埋めるための挑戦ができる環境である。。

成長できる環境を見つけるためにすべきこと。

では、成長できる環境を見つけるために、一体何をすれば良いのか。

まずは、自分にとって魅力的だと思える目標を見つけるべき。

将来の夢や目標、理想像がわからない人の将来の夢や目標、理想像の考え方。

その上で、それを達成するために必要な条件を考えたり、同じ目標を持つ人がいる環境を探すべき。

まとめ

「成長!!成長!!成長できる環境!!」

と言うが、成長したいならまず自分が将来どうなりたいかを探すべきである。

将来の夢や目標、理想像がわからない人の将来の夢や目標、理想像の考え方。

探した上で、それが実現でき、その実現に向けて挑戦できる環境を探すべきである。

将来どうなりたいかといった目標は人によって違うので、成長できる環境も人によって違う。

「成長」という言葉に踊らされているうちは、成長できる環境なんて見つける事はできないし、成長もできない。

なので、

成長したいなら、まず、自分が将来どうなりたいかを探すべきである。

将来の夢や目標、理想像がわからない人の将来の夢や目標、理想像の考え方。