効率良く就職活動を進めるために、合同会社説明会の利用の仕方。

 

合同会社説明会。

リクナビやマイナビが開催する超巨大イベント。

会社数も、100社以上きているのではないかといほどの規模だった。

初めて自分が参加したのは、去年の3月3日。

自分がやりたいことがわからず、少しでも情報を得ようという思いで、

去年の就活解禁と同時に、

なんとなく参加した。

今、就活を始めた人、就活解禁されたから、

とりあえず合同会社説明会に行ってみようって感じで、

参加する人も多いかと思います。

なんとなく参加してしまうと、確実に時間の無駄になってしまう。

3月から就活を始めた人は特に時間がないので、効率よく就活をしたいですよね。

>就活解禁だ!!よし今から就活しよう。そう思った人やばいです。。。

全てを見切れないほど、大量に会社がくる合同会社説明会、

どうすれば、効率いい就活につなげられるのか。

今回は効率良く就職活動を行うために、合同会社説明会の利用方法について考えてみた。

合同会社説明会での目的

合同企業説明会のいいところは、たくさん会社がくる事。

なので、できるだけ多くの会社を見るべき。

そして、合同会社説明会の目的にすべきことは、

少しでも興味が湧いた会社のリストを作る事。

1日でたくさんの会社を見れるチャンスなので、

多くの会社を見れるように工夫したい。

そして、少しでも興味の湧く会社にたくさん出会いたい。

スポンサードリンク

合同企業説明会で後悔した事

初めて合同企業説明会に行った後、

後悔した事があった。

*会社の人の勧誘の熱量に負けて、どうでもいい興味の湧かない会社の説明会を聞く羽目になる。

*会社説明をまじめに聞きすぎて、疲れて、そんなに多くの会社を見れなかった。

*メアドとか書いた紙の提出を求められ、興味が湧かなかった会社にさえ連絡先を渡してしまう。

等。

興味が湧かないどうでも良い会社の説明をまじめに聞くとすぐ疲れる。

興味が湧いた会社でも、真面目に話を聞いていると疲れるので、

多くの会社を見る体力が持たない。

 

また、興味が湧かなかった会社に連絡先を渡してしまうと、

後から、メールやら電話がかかってきて面倒くさいし、

時間をとられる。

では、どうすれば効率良い就職活動に繋げられるのか。

効率的な就活をするための、合同企業説明会での振る舞い方

効率的に就職活動をしたい人は、

どれだけ勧誘されようが、興味が湧かない会社なら、きっぱり断る事。

さらに、少し興味が湧いて「話を聞いてみようかな」と思ったとしても、

まじめに説明を聞きすぎない事。

興味が湧くか湧かないかの判断できる程度でいい。

良いなと思った点を少しメモするぐらいで良い。

ブースで説明を聞かなくても、興味が湧くか湧かないかの判断ができるなら、

パンフレットもらって、個別説明会の日程だけ聞いて、別の会社を見に行く。

 

何も知らない状態から、ブースで会社説明を聞いたところで、

ホームページに載っている情報以上の事を、聞き出すのは難しい。

それに、後日個別説明会に行ったら、また同じ話を聞く羽目になる。

 

それなら、大量の会社がくる合同企業説明会では、

 

できるだけ多くの会社を見て、

少しでも興味の湧いた会社のリストを作って、

家に帰ってから、パンフレットやホームページを見て、

 

それでも興味を持った会社の個別説明会にいけば良い。

効率よく就活を進めたいなら、

見切れないほどの、大量の企業がくる合同企業説明会では、

1社当たりにかける時間を極力減らし、できるだけ多くの会社を見るべき。

遠目で観察する程度でも良いかも(笑)

まとめ

就活が解禁されて、

就職活動を始めたばかりの人が

心から納得のいく会社から内定をもらうためには、

できるだけ効率良く、就職活動をしないといけない。

見切れないほどの大量の会社がくる合同企業説明会では、

1社当たりにかける時間を極力減らし、できるだけ多くの会社を見れるよう、

工夫すると良いのではないか。

遠目からこっそり説明を聞く程度にして、

興味が湧くか湧かないかの判断ができたら、

すぐ別の会社に目を向けるのが良い。