とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
就活日記

やりたい事に対して好きに挑戦したいとがみんはどこに就職を決めた??その決め手は??

やりたい事に対して好きに挑戦できる人が増えたらいいなぁ。いつもそう思っている。

自分の周りにはやりたい事を好きにやっている人、挑戦している人がいる。

 

関西が大好きで、関西をより多くの人に知ってもらいたいという思いからYouTubeで海外に発信し続けている人。(@OsakaYoutuber ‏)

香料が好きで、香水を集めたり、精油を集めたり、匂いの分子、匂いのメカニズムを徹底的に調べたり、自分で好きな匂いのハンドクリームを作ったりしている人。

音楽が好きで、自分で音楽を作って歌詞を考えて、自分の作った音楽を沢山の人に届けたいって想いで音楽活動を頑張っている人。

プログラミングにど嵌りして、よーわからん変な本ひたすら読みながらプログラミングしている人。

アイドルになりたくて、動画配信アプリで毎日配信し、どんどんファンを集めていろんな企画を考えている人。

 

やりたい事、好きな事に没頭し、とことん頑張っている人、挑戦している人ってキラキラ輝いて見えるし、一緒にいて楽しいし、そんな人を見ていると自分は嬉しくなってくる

もっとこんな人が増えたらいいなぁ。やりたい事や好きな事に対して、熱中して、とことん頑張って、挑戦している人が増えればもっと社会は楽しくなるんじゃないかと思う。

 

幸せの定義は人によって違うけれど、

「やりたことを好きなようにやって、熱中して、とことん頑張って、挑戦している状態」

最も幸せな状態なのではないかと思う。

 

人の幸せに貢献したい。やりたことを好きなようにやる人を増やしたい。それが自分がやりたい事で、とことん頑張りたい事で挑戦したいこと。

 

将来大切な人や、子供がとことんやりたい事や好きな事に挑戦できるような環境を作りたい。

そして、そんな人が増えるような仕組みを作りたい。

 

そのために必要な条件を会社選びの軸として、それを実現できるような環境を探していた。

 

その中で見つけた会社。

 

やりたい事に対して好きに挑戦している人がいる。

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境を作ろうとしている人がいる。

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境をつくる事ができるような人を育てようとしている。

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境を作る事ができるような人を育てられるような人を育てようとしている人がいる。

そうやって、

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境を作る事ができるような人を育てられるような人を増やして、

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境をつくる事ができるような人を増やして、

やりたい事に対して好きに挑戦できるような環境を増やして、

やりたい事に対して好きに挑戦している人を増やして、

 

 

 

人が最も幸せな状態、やりたい事に対して好きに挑戦できる状態

あたりまえの社会

を作ろうとしている。

 

多くの社員との面談を通して、最終面接官の話を聞いてそんな事を感じた。

今の当たり前ではない目指す理想的な組織、様々な制度、取り組みが、すべてそんな社会をつくるための取り組みではないかと思えてしまった。

 

そして、

「この会社でやりたいことに挑戦したい。」

「この人を目指したい」

といった感情が湧き、

 

この会社しかないと確信した。

この会社「ネットプロテクションズ」で働くと決めた時、が出てしまった。