とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
Aboutとがみん

「成功する人」、「幸せになる人」の共通点とは一体なんなのか。

小さい会社の説明会に行くと、社長が出てきて、会社に対する想いや、実現したい夢について、語ってくれるのですが、

いろんな人に話を聞いたり、調べている中で、「社長になるような人」、「成功する人」、「幸せになる人」の共通点が一つ分かりました。

それは、

「実現したい夢に対する想いが人一倍強く、心の底から達成したいと思っている。」

ということ。

そして、その夢が具体的にイメージできているほど、実現に近づく。

以下がサッカーで有名な「本田圭佑選手」の小学校の卒業文集。

「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

以下が野球で有名な「イチロー選手」の小学校の卒業文集。

イチロー

僕の夢
ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らず
で野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

小学校の卒業文集で、ここまで具体的に自分の夢を具体的に思い描いている。

参考:https://matome.naver.jp/odai/2137061759032983301

そして、以下がソフトバンクを一代で築き上げた、孫正義」のメッセージ。

夢を達成できる人とできない人の唯一の違いは
その夢をどのくらい心の底から達成したいと
すごい強い決意をしその夢に達成に向かって
恐ろしいまでの情熱で努力したか。

どんな夢であれ、夢を描くのが自分の人生に対するビジョン。自分の夢も明確に持たずに、自分の人生に対するビジョンも持たずに、ただ生きていくために、給料をもらいに行く。「でも現状それしか仕方ない」と言ってる間に人生はあっという間に終わる。あっという間に50代、60代になる。「現実はこうだから」「目先の現実を踏まえて」とか言ってる人ほど、その現実の世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多い。

「成功する人」、「幸せになる人」っていうのは、

自分にとって幸せな状態ってどんな状態なのか。

自分の夢ってなんなのか。

それをしっかり持ち、

達成するために恐ろしいほどの努力をする。

 

ただ生きていくためだけに、

愚痴不満を言いながら、

給料をもらいに行くことが、

本当に幸せなのだろうか。

 

本当に幸せな状態ってなんなのか、

自分の夢ってなんなのか、

しっかり考える必要がある。

 

そして、

「幸せ」の状態に近づくためには、

できるだけ具体的にその状態を考える必要がある。

具体的にイメージし、

そうなるためにはどうすればいいか考え、

行動し、努力し続けた人が、

「成功」し、「幸せ」になれる。

 

自分がどういう状態になる事が幸せなのかわからないなら、

それを考え続けるべき、

そして、

それが見つかった時に、

行動できる自分を作るべき。

 

そんな話を聞きました