とがみんブログ
大学院の中退を決断し、徹底的に自分と向き合い就職活動をする中で、心理学や脳科学に興味を持つ。挙げ句の果てに、この世界の仕組みにも興味を持つ。そんなとがみんの考えや経験を綴ったブログです。
就活ノウハウ

さあ、才能に目覚めよう。伸ばすべき強みはどこにあるのか。


「さあ、才能に目覚めよう。」

自分の資質。伸びる可能性のある強み、その伸ばし方弱みに対する対処方法

それらを知るために読んで欲しい本がある。

それがこの「さあ、才能に目覚めよう STRENGTH FINDER」だ。

Fringe81のサマーインターンの選考において、
人事の方がこの本を紹介してくれた。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

「STRENGTH FINDER」とは。

「STRENGTH FINDER」とは、この本に付属するアクセスコードを用いて受ける事のできる強みをどこに伸ばす可能性がどこにあるのかを発見してくれるツールである。

この本は、心理学者クリフトン博士40年にも及ぶ研究に根ざしており、

その本が提供する自己分析ツール「ストレングスファインダー」は、彼が会長を務めていた世界最大の調査会社ギャラップ社が、数百万人以上のデータをもとに作成したテストである。

多くの質問に回答することで自分のトップ5の資質、すなわち生まれ持った才能を明らかにしてくれる。

さらには、どういう環境だとその強みを伸ばせるのか、また自分の弱みを補ってくれる人はどういう人なのか等詳細に知ることが出来る。

なぜこの本を読むべきなのか。

自信と希望にあふれ、自分の理想を叶えたいのであれば、あなたが生まれ持つ才能を理解し、その伸ばし方、その才能が生きる環境を知ることは必須だからである。

もし、あなたが、天性的に備わっている才能を理解できておらず、それを活かせる環境にいないのだとしたら、どのようなことが起こるのか。


「仕事へ行くのが不安」
「勤務先がいかに悲惨かを友人に語る」
「日々の達成率が低調」
「前向きに考えられず、想像的でなくなる」

強みを活かせる環境にいなければ、仕事だけでなく、

人間関係や健康にも深刻な影響を与えてしまう。

そして、この調査会社が「最も得意とすることに専念する機会があるか」という問いを1000万人以上の人々に投げかけたところ、

約700人の人が不十分と答えたそう。

多くの人が、自分の資質を理解しないまま社会にでたために、以上のような結果になったのであろう。

逆に強みを理解し、「強みにに基づいたアプローチ」を使っている人は、自身と希望にあふれ、他人をおもいやる余裕も生まれると調査から明らかになっている。

あなたの理想を叶えるためには、あなたが生まれ持つ才能を理解し、その伸ばし方、その才能が生きる環境を知ることは必須であり、

自信と希望にあふれ、自分の理想を叶えたいのであれば、

絶対に、

「さあ、才能に目覚めよう STRENGTH FINDER」

の自己分析ツールは利用して欲しい。

この本を読む事が、あなたのより良い方向へ向かわすきっかけになるに違いない。

「STRENGTH FINDER」によってわかる「資質」とは何か。

資質とは才能を抽象化したものである。

才能は強みを構成する要素の一つであり、この本では以下の方程式で表している。

強み = 才能 × 投資

強み・・・常に完璧に近い成果を生み出す能力
才能・・・頻繁に繰り返す思考
投資・・・練習やスキル開発、知識を身につけるためにかける時間。

資質について、

例えば、

自然と考えを共有できる、感動する話を生み出せる、的確な言葉を見出したりする才能は、すべてコミュニケーションと関連しており、

これを「コミュニケーションの資質」という。

生まれ持っての信頼性や、コミットメント、決して言い訳しないという才能は、責任に関連しており、これを「責任感の資質」と呼ぶ。

この本はあなたが生まれ持ったこの「Top5の資質」を明らかにしてくれる。

あなたの強みを飛躍的に伸ばすために投資すべき部分がどこにあるのかを見つけさらには、それを伸ばす為の具体的な行動方針までも示してくれている。

ぜひ、「ストレングスファインダー」を自己分析の一つとして利用して欲しい。

さあ、才能に目覚めよう。伸ばすべき強みはどこにあるのか。(2)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

スポンサードリンク