とがみんブログ
就活中、自己分析にハマり、心理学、脳科学の本を読み漁りつつ哲学チックなことをひたすら考えていました。このブログでは、そんなとがみんの考えや経験を綴っていきます。
大学院中退就活

【大学院中退就活】大学院在学中に学部既卒扱いでの就活。

以前の記事で、大学院を留年・退学することを意識し始め出したきっかけについての記事を書きました。

大学院の留年・中退が視野に入りつつも、大学院での研究の休みを2週間とることができました。

そして、2週間ほど研究室の休みをもらえたので、その期間での大学既卒としての就職活動についてです。

大学既卒扱いでの就活

留年や中退も視野に入ってしまった以上、中途半端な就活はできないと思い、必死に色々情報をかき集めました。

インターンシップの情報を集めると同時に、既卒で就職活動をするにあたっての情報も集め始めました。

インターンシップとの選考とはまた違った視点で見られると思うので、何か気づくことがあるかもしれないと思ったことと、

もし、本当に行きたいと思える企業に出会えたら、そのまま就職するのもありだなーと思ったので。

大学は2017年に卒業しており、学部既卒扱いでの就活ってどうすればいいのかわからなかったので、とりあえず2018卒用のマイナビに登録し、そこでエントリーをしました。

他にも相談にのってもらえそうなサービスに登録しては、相談にのってもらっていたりしました。

ITと人財系に絞る

5月の半ば過ぎ、かつ、大学院での休みの2週間だけだったので、既卒就活をするにあたって、ゆっくり会社を調べてる余裕もないので、

IT系と人財系に絞りました。

プログラミングに興味があったこと、

また、楽しく働くにあたって、一緒に働く人、環境って重要だと考えていたこともあり、

そういった働き方や、環境と人のマッチング等に関するノウハウを持っているであろう人材系の会社なら、企業に入ってからも楽しく働けるんじゃないかということで、

IT系と人財系に絞りました。

人材系の会社のIT部門を考え、そういった会社をして選考を受けることにしました。

選考を受けるつもりの会社の説明会に参加し、

「大学院中退を考えているが、選考を受けることができるか」と聞きました。

特に問題なく選考を受けることができました。

そして、そんなこんなで、サマーインターンシップの選考と同時に、大学既卒での選考も受けました。