とがみんブログ
就活中、自己分析にハマり、心理学、脳科学の本を読み漁りつつ哲学チックなことをひたすら考えていました。このブログでは、そんなとがみんの考えや経験を綴っていきます。
大学院中退就活

【大学院中退就活】就活初期の行動について。就活の情報源を見つけるまで。

どうも、最終的に大学院を中退したとがみんです。

就活中にブログを始め、色々書いていたのですが、改めて、まとめ直します。

大学院に進学したのに、なぜ、研究よりも就職活動をしようと思ったかについてはこちらの記事に書いています。

この記事では、就活を始めた時に関する記事です。

就活どうしたら良いかわからない。

大学院に進学し、就活をしようといっても、どのように就職活動をすれば良いのか全然わかりませんでした。

大学院に進学した学生は、授業や研究に追われて就活する時間がない、

もしくは、ほとんど学内での推薦を使って、大手企業に進学できると考えているので、

大学院に進学してからすぐに就職のための活動をする人は少ないです。

そういうわけで、周りに就職活動する人がいない状況で、全然就職活動に関する情報が入ってきませんでした。

情報源の獲得

なんとか情報を得るために、インターネットを駆使していました。

大学院入学後の4月頃、時期がまだ早いこともあり、インターネットでインターンの情報等探しても特に見つかるわけでもなく、

ただただ、ネットを見てネットサーフィンをしては、やらないといけない研究や授業をこなして時間が過ぎていきました。

そんな中で、運良く「エンカレッジ」というキャリア支援団体が学内で開催されるセミナーの情報を得たので、それに参加することにしました。

参加して、就職活動がどういうものなのかをざっくりと把握し、

その後、就活をする学生に対して、一人一人すでに就職活動を終えた先輩がメンターとしてついてくれます。

そこで、とがみんにもメンターがついてくれ、おすすめに就活サービスから、自己分析、就職活動全般の相談に載ってもらえました。

セミナー画像

どうやって時間を確保しようか

いろいろと情報をもらい、学外のGDセミナーや、その他諸々情報をもらい、そういったセミナーや、自己分析等に時間を使いたいと思うようになりました。

なんとか時間を確保して、参加すると、就職活動をしている友達もどんどん増えていき得られる情報も増えていきもっといろいろ参加してみたいと思うようになりました。

しかし、研究や授業が忙しく、なかなかそういった時間が取れず、どうやって研究等に費やす時間を減らし、就活に時間を使うかを考え出しました。

まだ、この時は大学院中退は考えておらず、どうすれば両立できるのかという視点で色々考えて他のですが、なかなか時間が取れず、このままでいいのかと考えるようになると同時に、だんだん研究室に行くのが嫌になっていきました。。。

悩み。。。

まとめ

大学院進学直後の記事をまとめ直しました。

最近は学内でも、学生主体で就活に関する情報を提供するセミナー等やっているので、就活しようと思いたったら探してみると良いと思います。