後悔をしないために…志望動機を伝える際に盛り込むべき3つのポイント。

就職活動の面接で絶対に聞かれること。

「志望動機を教えてください」

この志望動機、どのように伝えればよいのだろうか。

その会社じゃないといけない

その理由をうまくまとめる事ってものすごく難しいなと感じました。

直感的に、この会社が良い!!

とは思っていても、

 

うまく伝えることができずに、落ちてしまうのは非常にもったいない。

なので、志望動機を伝える際に、盛り込むべきポイントについて考えてみました。

志望動機を伝える際に盛り込むべき3つのポイント

志望動機を伝える際に盛り込むべきポイントとはなんなのか。

*会社が目指すものに対して実現したいという気持ちと、そう思ったきっかけとなるエピソード。

*その実現に向けて会社にどう貢献できるか。

*その会社で働く事が自分の幸せにつながっているという理由。

 

面接官が、

面接を受けに来る学生にとって、自社で働く事がその学生の幸せに繋がっていて、かつ、会社が目指すものに対して実現したいという気持ちがあり、その実現に貢献できる。

と判断すれば、落とす理由がない。

なので、志望動機を伝える際は、以上の3ポイントを盛り込むべきである。

スポンサードリンク

まとめ

「この会社で働きたい!!」

直感的にそう思ってはいるものの、

うまく伝える事ができずに落ちてしまうのはもったいない。

なので、以下

*会社が目指すものに対して実現したいという気持ちと、そう思ったきっかけとなるエピソード。

*その実現に向けて会社にどう貢献できるか。

*その会社で働く事が自分の幸せにつながっているという理由。

これらの観点から、

その直感が生まれた理由を考えて伝えれば良いのではないでしょうか。