ドーパミンをどうやって分泌させる??モチベーションを維持し続ける脳の作り方。

ドーパミンとは、快感や元気、意欲をもたらす脳内物質であり、それが分泌された時に幸福感を感じる。

では、

どうしたらドーパミンが分泌されるのか。

どんな食事をすれば、ドーパミンが出やすくなるのか。

もし、ドーパミンを出し続ける事ができれば、

モチベーションを維持し続けられるのではないか。

そのことについて少し考えてみた。

ドーパミンを出す脳を作るために

ドーパミンを出す脳を作るためにすべきこと。

それは、

明確な「目標」を設定し、その目標を繰り返し確認し、目標を達成した自分をイメージする。そして、それを達成したらすぐに新しい目標を設定する。

ということ。

 

「目標」を設定するとき、わくわくしませんか??

「よし、頑張ろう」という気持ちになりませんか??

 

実はその時、脳内では、「ドーパミン」が分泌されているんです。

また、その「目標」を達成する過程達成後のイメージをする時、

その目標を達成した時にも「ドーパミン」が分泌される。

 

ドーパミンが分泌されると、脳はその快感をもたらした行動を記憶する。

この記憶は海馬に蓄えられ、次に同じ状況になったときに、

効率よくドーパミンが分泌されるように、

ニューロン(神経細胞)がつなぎ変わり、あらたなシナプスができる。

そして、さらなる快感を感じるために、意欲が生まれる。

 

つまり、なぜ、

明確な「目標」を設定し、その目標を繰り返し確認し、目標を達成した自分をイメージする。そして、それを達成したらすぐに新しい目標を設定する事

が重要なのかというと、ドーパミンが放出され続けるから。

わくわくする

ドーパミンが放出される。

再びわくわくするために「意欲」が生まれる。

このサイクルを上記の事をする事で早く回せる。

ドーパミンの放出は長く続かないので、意欲を持続させるためには、

短期間で、ドーパミンが放出される仕組み、状況を作る必要がある。

そして、それを続ける必要がある。

繰り返す事によって、シナプス間のつながりが強くなり、

くせになれば、

常に、

目的を達成するために、目標を設定し、その達成に向けて、意欲、モチベーションを高い状態に維持し続けることができるようになるのではないか。

この状態が作り出せたら、仕事もプライベートも毎日楽しくなり、効率も上がるかもしれない。

 

 

自分は器械体操で、このサイクルを多く回してきた。

器械体操では、できるようになりたい技ができるようになるまで、

常に動画等をみて、できるようになった自分をイメージしていた。

モチベーションを維持し続けるくせは、おそらく器械体操を通してついたのだろう。

 

そして、プログラミングでも、作りたいものを作るために、

機能の要素分けをし、一つずつクリアしていくという経験のなかで、

ドーパミンが放出され、

その時の快感が脳に残っているから、

プログラミンをやりたいといった意欲が湧くのだろう。

 

ブログも。

PV数(ページビュー)が増えると嬉しい。

増やすために記事を書く。

そしてまたPVが増える。

 

明確な「目標」を設定し、その目標を繰り返し確認し、目標を達成した自分をイメージする。そして、それを達成したらすぐに新しい目標を設定する。

 

これをする事は、モチベーションを維持し続ける自分を作るために非常に重要。

はい。

 

>「お前には無理」そんな言葉で夢の実現を諦めてしまっていいのか。

の記事で、

「夢をかなえるために、幸せになるために考え続けること」

の重要性について言いましたが、

それを考え続けることも、モチベーションを維持し続けることのできる脳を作り出すことにつながると思うので、

脳科学的に考えても本当に重要なのではないかと思いました。

さらに、ドーパミンは前頭葉の前頭連合野と深く関わっており、

情報処理能力、注意・集中力・計画性などにも影響してくる。

学習・記憶とも関わっており、

ドーパミンが分泌された状態では物覚えが良くなる

なので、勉強、仕事の効率アップにもつながりますね!!

 

スポンサードリンク

ドーパミンを分泌させやすくする食事

今まで意欲があったのに、なんか今日は意欲がでない。

もしかしたら、そんなことがあるかもしれない。

その原因の一つとして、

脳内にドーパミンのもととなる物質が足りていない可能性が考えられる。

脳内にドーパミンを生み出す元となる物質がなければ、

意欲が湧くはずの行動に対しても意欲が湧かなくなる可能性が考えられる。

なので、ドーパミンの元になる物質を摂取できる食料について調べてみた。

ドーパミンは「チロシン」というアミノ酸から作られる。

なので、このチロシンという物質が体内で不足してしまうと、十分なドーパミンが作られない可能性がある。

チロシンを脳に多く取り込ませるためには、「糖質」と一緒にとる事が重要。

また脳内でチロシンからドーパミンを生成するためには、ビタミンB6が必要となる。

「チロシン」が多く含まれている食材
だいず:[1300mg/100g]※
ノリ:[1300mg/100g]※
牛乳:[120mg/100g]※

「ビタミンB6」が多く含まれている食材
バナナ:[1.04mg/100g]※

まあ、朝ごはんは、牛乳とバナナとチョコとかにしたら、

より、モチベーションの維持に繋がるかな(笑)

まとめ

モチベーションを維持し続ける脳を作るためには、

「意欲」が湧く状態をくせにする必要がある。

そのために、

明確な「目標」を設定し、その目標を繰り返し確認し、目標を達成した自分をイメージする。そして、それを達成したらすぐに新しい目標を設定する。

といったことを意識するといいのではないか。

そして、

また、

脳内に「ドーパミン」の元になる物質がなければ、

ドーパミンが分泌されないので、

「ドーパミン」の元になる「チロシン」、

その代謝を助けるビタミンB6を一緒に摂ると良い。

はい。

参考

※食品成分データベース

スポンサードリンク