エンジニアサマーインターンで求められる「GitHub」とは??

プログラミングスキル伸ばしたいなぁということで、エンジニアのサマーインターンにもいくつか応募したのですが、

なんだかよくわからない「GitHubのアカウントのURL」の提出を求められました。

自分は「GitHubって何??」レベルのど素人で、

受けようと思っていた、スキルアップできそうなエンジニアのサマーインターンシップには、

求められているスキルレベルに圧倒的に届かず、全落ちしました(笑)

はい。

まあ、「GitHub」とはなんぞや??ということで、登録して実際に使ってみました。

調べたこと簡単にまとめます。

Gitとは

一言で言うとバージョン管理のシステムのこと。

なにかプログラムを書くとき、フォルダ名に日付を入れてバックアップを取ったことはないでしょうか??

作業の途中で「やっぱり前の方が良かったのでは?」となったときに過去の履歴が残っていたら、

前の状態に戻したり、今の状態と比較できる。

それに、履歴が残っているから、安心して、思い切った作業を進める事ができる。

ただ、いちいちコピーして、日付直して保存してってすると、その作業も面倒くさいし、容量大きくなるし、、、

また、チームで共有しているファイルの場合では、二人で同時に編集してしまったために、

先に編集した人の変更内容が消えてしまうといった可能性もある。

これらの問題を解決するために作られたのがGitなんですね。

GitHubとは

GitHubとは、「Git」の「Hub:ハブ」

Gitの仕組みを利用して、様々な人が、書いたプログラムを保存し、公開できるようにしたサービスの名称。

まあ、自分が書いたコードをサーバーに保管できるんですね。

そして、このアカウントを見れば、「いつ、どういう言語を使って、どういうコードを書いたか」が、

一目でわかってしまうので、

その人の技術レベルまるわかりなんですね(笑)

だから、レベルの高いエンジニアを求めていいる会社はGitHubのURLを求める。

ソースコードは非公開にできるので、全部が公開されてしまうわけではないです。

はい。

あと「Git」の操作を「黒い画面(ターミナル・コマンドプロンプト)」ではなく直感的に操作できるツールも紹介しておきます。

SourseTree

https://ja.atlassian.com/software/sourcetree

SourseTreeはGitの操作を簡単にするソフトウェア。

Gitは「黒い画面(コマンドプロンプト・ソースツリー)」なんか使わなくても、簡単に操作できます。

そしてそして、これらの使い方が物凄く分かりやすく解説されているのが以下の本。

対話形式で読み易く、図が豊富。

語句の説明も丁寧で、プロジェクトの流れに沿って具体的に説明してくれているので、

非常に読みやすいです。

初心者にはおすすめです。

まとめ

プログラミングでなんか本格的にアプリケーションつくろうと思ったら、

最初にGitのセットアップをするといいんじゃないでしょうか。

ソースコードの管理が楽になるし、

頑張って開発をしていれば、

就活でのアピール材料にもなので(笑)

はい。

スポンサードリンク