自己分析が捗る!!オススメ自己分析ツール5選!!

自己分析ツール

自己分析をするにあたって、本やインターネット上に公開されている、「自己分析ツール」を利用する事があるかと思います。

今回はオススメの自己分析ツールについて紹介していこうかと思います。

「さあ、才能に目覚めよう STRENGTH FINDER」

過去にこの「さあ、才能に目覚めようSTRENGTH FINDER」の自己分析ツールについて、またその結果の具体例をあげましたが、

これが一番おすすめの自己分析ツールです。

さあ、才能に目覚めよう。伸ばすべき強みはどこにあるのか。
さあ、才能に目覚めよう。伸ばすべき強みはどこにあるのか。(2)

この本が提供する自己分析ツール「ストレングスファインダー」は、

心理学者クリフトン博士が会長を務めていた世界最大の調査会社ギャラップ社が、数百万人以上のデータをもとに作成したテストである。

自分にはどんな資質があり、これから伸ばすべき強みを明らかにしてくれ、かつどのようにその強みを伸ばせばよいかまでしっかり書かれている。

自分が利用した自己分析ツールのなかで、最も納得度の高い結果が得られ、

インターネット上にある自己分析ツールとは異なった視点での気づきを与えてくれるので、

絶対に利用すべき自己分析ツールの一つです。

人間は9タイプ子供とあなたの伸ばし方説明書

この本は、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に合格した話」を書いた人と同じ人「坪田信貴」さんの本。

さまざまな心理学の理論を適用し、「どうすれば生徒を伸ばすのに一番効果がでるのか」を実践の場を通して研究してきた考えられている。

具体例がリアルに書かれており、イメージしやすく、どういう接し方をされるとモチベーションが上がるのか、自信をもてるのかがわかる。

そして、身の周りの人がどのタイプにあてはまるのかを考えながら読むのも結構楽しい。

非常に読みやすいので、自己分析、他己分析用にとてもオススメです。

キャリアバイト

「キャリアバイト」の自己分析ツールもおすすめ。

キャリアバイト

以前の記事でも紹介したのですが、

・性格特性
・思考性
・コミュニケーション能力
・エネルギー量
・ストレス耐性
・キャリアタイプの思考性

について、それぞれ定量的に出力してくれ、「自分が何を考えどう行動しやすいのか」といった解説が比較的しっかり書かれている。


自己分析ツールを用いて、今まで気づかなかった自分に気付こう。

マイナビ

マイナビの自己分析ツールは、

・仕事をする上での特徴。
・適正、向いている職場環境。
・仕事に求める価値観。

に加え、統計データに基づいて、

・職種ランキング
・業界ランキング

を算出してくれる。

マイナビ結果

得られた結果から、「なんでこの業界、職種がTopにきたのか」を考えることで、

業界、職種の分析もはかどりますね。

 

m-gram

この自己分析ツールは、性格成分44種類のうち、強く出ている8成分を精密に抽出する。

他の自己分析ツールとは少し変わっているなと思ったので紹介します。

まず回答するにあたり、

「ある種の設問に対して正直に回答しない人がいますが、十分織り込み済みで、信頼性には影響ありません。」

といった文章が書かれていました。

どうやって、正直に回答しない人を考慮した結果を出力ができるのだろうか。

謎ですね。。。

この文章を書くことによって、回答者に何かしらの心理的な影響を与えているんですかね(笑)。

自分は以下のような結果が得られました。

自分と相性の良い人間は、

「自分と性格因子の共通点が1つ以上あり、対極的な性格要素が少ない相手」

であり、良い相手の存在確率は2126人に1人だそう。

・新しいことに対して失敗を全く恐れず勇敢に挑む。
・他人の考えや心境を感じ取り適切な行動ができる。
・好奇心強すぎるあまり周囲の助言に耳を貸さず無謀な行動を起こしてしまう。
・対人関係においてストレスを抱えやすい。
・抽象的な事柄や概念的な本質を感覚的に捉え、さらにそれを筋道立てて思考し物事を論理的・定量的に捉える能力に優れている。
・閃き・カンを論理的に展開できるので、高いクリエイティビティを発揮することができます。
・知的なコミュニケーション、知的な人を好む。

こんな感じに、どういう人間なのかについても詳しく説明してくれます。

 

まとめ

以上、オススメの自己分析ツールを5つ厳選し、紹介しました。

それぞれのツールで、違った視点で結果が得られるかと思うので、

全部すると良いかと思います。

以下の本は本当にオススメなので、是非読んでみてください。

スポンサードリンク