大学院在学中に学部既卒扱いでの就活。

留年退学が視野に入ってしまった以上、中途半端な就活はできないですよね。。。

人生について考えるために、最初はいろんなインターンシップに参加して視野を広げようようぐらいだったのが、それに加えて、学部既卒扱いでも就職活動をすることにした。

会社

インターンシップとの選考とはまた違った視点で見られると思うので、何か気づくことがあるかもしれないと思ったのと、もし、本当に行きたいと思える企業に出会えたら、そのまま就職するのもありだなーと思った。

まず自己分析。

自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかを現時点での考えをまとめた。また学生時代頑張ったこともまとめた。

学部時代に研究データの解析が面倒だったため、それを簡略化するプログラムを独学で作成。

ポケモンレート対戦において、自分のパーティに対してどんなポケモンが選出されやすいかをデータを貯め、それをグラフ化するシステムを作ったこともあり、それが楽しかったこともあって、とりあえずITに絞った。

あと楽しく働きたいなと思っていたのと、一緒に働く人、環境って重要だと考えていたこともあり、そういった働き方や、環境と人のマッチング等に関するノウハウを持っているであろう人材系の会社なら、企業に入ってからも楽しく働けるんじゃないかということで、

人材系の会社のIT部門を考え、そういった会社を探すことにした。

大学卒業後の3月に、合同企業イベントに参加していたこともあって、そこで直感的にいいなって思っていた会社もあり、幾つかピックアップし、受けることにした。

大学は2017年に卒業しており、学部既卒扱いでの就活ってどうすればいいのかわからなかったので、とりあえず2018卒用のマイナビに登録し、そこでエントリーをした。

説明会に参加し、「大学院中退を考えているが、選考を受けることができるか」と聞いた。

特に問題なく選考を受けることができた。

そして、サマーインターンシップの選考と同時に、既卒としての就活が始まった。

スポンサードリンク