なぜ大学院に行ったのに研究より就活??

なぜ大学院に行ったのに研究よりも就活なのか。そもそもなんで大学院に行ったのか。

最終的な理由は、インターンシップ等に参加し視野を広げ、自分の人生について考える時間が欲しかったからである。

そう思うようになった経緯について。

3回生の頃は非常に勉強熱心だった。

新型電子部品のメカニズム、通信の仕組み等そういった仕組みを勉強することが楽

しく、実験の授業も必死に頑張った。

さらに、興味のある他コースの授業を、卒業要件外であるにもかかわらず受講するほど、勉強に夢中だった。

勉強すればするほどわかるようになっていき、次第に何か新しい仕組みの役立つものを作りたいという気持ちが湧き、研究者になりたいと思うようになった。

なので、4回生になり研究室に配属され、少しずつ研究が始まり、迷うことなく大学院受験。そして無事合格。

大学院

 

大学院試験終了後、本格的に研究が始まった。

実験を進めているうちに、次第に

違和感を感じるようになった。
なんか思っていたのと違う。。。

なぜそう思うようになったのか。

膨大な作業のルーチンで、何か役に立つものを生み出すこととは程遠く、
なんのためにやっているのかわからなくなってしまった。

データの考察をする事はまだ楽しかったが、そのデータを得るために膨大な時間と作業を有した。

そして、次第に自分は本当に研究がしたいのかわからなくなってしまった。

そこで、自分が知らない世界を知るためにも、研究の合間を縫って、企業インターンに参加した。

初めて行ったインターンシップは人材コンサル会社のネオキャリア。
このインターンシップでは一気に自分の視野が広がった。

インターンシップに参加していた学生は、 起業を考えている人、個人塾を経営している人、ホストで学費を稼いでいる人、他にも様々だった。

色んな人の話を聞いているうちに、研究外の世界についてもっと知りたいと思うようになった。

さらに、研究のデータの解析作業が面倒で、プログラミングを一から独学で勉強し、簡略化するプログラムも作ったりしたが、それがきっかけでITにも興味を持つようになった。

そして、今後の進路についてどうするか迷いだした。

本当にこのまま大学院へ行き研究者になっていいのか、他にもたくさんの選択肢がある事を知り、どうするべきなのか考える時間が欲しい。

そんなモチベーションで最終的に大学院に進

学したため、研究よりもインターン等就活をし、自分の人生を考えることに重きをおいた。

スポンサードリンク